12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-05-15 (Fri)
ただ体感覚をじーっと直に体験してみると、そこで実際に起こっていることは
ただのある種の感覚があるだけで、それ以外の何でもないことに気がつくことが
出来得る。

そこには、頭で作り上げたストーリーや解釈、判断はなく
実際の生(なま)の体験があるのみである。

このように体感覚を直に体験していると、
実のところ、本当は何も起こっていなかったのだということが
わかるようになって来る。



この「何も起こっていない」というのは、
ただ文字通りに解釈すると「何だそれは?そんなバカな」と
思うかも知れない。

けれども、実際に生(なま)の体感覚を体験していくうちに
自ずとわかって来ることが多い。

言葉で論理的に説明することは難しいのだけれど、
体感覚があるだけで、それ以外は何も起こっていないし、
更に究極的には、実は何も起こっていないということがわかるようになる。

これは、残念ながら言葉で説明するのは不可能で
これ以上ズラズラと長く述べても意味がないため、
とにかく実際に自分で体験してみて頂きたい。

そうすれば、「今この瞬間」には
ある意味では、確かにある種の体験が起こっているのだけれど、
また同時に別の意味では、実は何も起こっていないということがわかり、
また、「全ては幻想」などと言われるところの意味も
わかるようになる。

しかし、この現象世界が「幻想」ではあっても、ある意味では
確かに様々な事象がまぎれもなく起こっているのだ。

何とも不思議だけれど、
この二つの状態が何の矛盾もなく存在しているのが面白い。


| ダイレクトパス・非二元 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。