12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-08-31 (Mon)
よく、「悟りなどない、修行せずそのままで完結」「悟りを求めるのは間違い」
といった姿勢が無事禅といった言葉で批判されることがあるけれど、
そういった批判や主張がなされる趣旨も、理解出来る。

確かに厳密に言うと、「目覚め」や「悟り」といったものが
本当に存在しないもので、そんなものは全くの無意味か、というと
もちろんそうではなく、真の自己、生(せい)の源について
知識ではなく、自身の経験、全身全霊を通して体感しわかるということには
非常に大きな意義がある。


しかしその反面、「だから全ての人は悟らなければならない。
そうでないうちは、皆眠ったままで、無意味なことをしている」
といった見解に固執してしまうと、真実の片面のみに注意を向けることになり
そこから観念や我見に執着してしまいやすくなってしまうとも感じる。

>> ReadMore
スポンサーサイト
| その他のメソッド・ワーク |
2015-08-23 (Sun)
これまで、ダイレクトパス関連の記事では「事象に意味はない」
ということを書いた。

確かに、非二元、空観からすればその通りなのだけれど
それだけではまだ、真実・世界の一面しか言い表せていない。

本当に大切なことは、
「全てに意味はない。けれども、実はその全てに意味がある」
ことに気がつくことではないかと感じている。

>> ReadMore
| 生きるということ・生命 |
2015-08-21 (Fri)
日々、新たな気づきや発見が起こるにつれ、
そこから何かが見えて来たり、学べることが多くあるものの
それでも、毎回それらを捨てている。

何かがわかっては手放し、また何かがわかっては手放し、
といった風に、毎回空っぽな状態に戻すことを繰り返していると
その空っぽさの中に、より新たなものが現れて来るのを感じる。

>> ReadMore
| その他のメソッド・ワーク |
2015-08-20 (Thu)
生きていれば、時には様々な「問題」が起こり、
とても大変な思いをすることもある。

色々と頑張っても、どうしても解決策が見えて来ない時もある。

そんな時の鍵の一つは、「 ”問題” から離れる」ということだと感じている。

>> ReadMore
| その他のメソッド・ワーク |
2015-08-15 (Sat)
以前読んだ石田秀実氏の本の中で「柔らかい二元論」といった概念が使われていた
のを目にし、「なるほど」と深く頷いたことがあった。

善悪をハッキリと別々のものとして分けてある二元論とは違い、
「柔らかい二元論」では、善悪は固定した性質ではなく、
状況によって真逆のものにもなるし、
またハッキリと分かれているものでもなく、緩やかに反対のものに変化しうる
といった性質のものだと捉えるものであった。
そういったことから、「柔らかい二元論」という表現がされていた。

>> ReadMore
| 生きるということ・生命 |
2015-08-11 (Tue)
探求生活をしていた頃、悟りの道には「自力門」と「他力門」の
どちらが適しているのかということについて、そしてそれ以外のことでも
全ては「自力」なのか「他力」なのか、どちらが正しいのか
かなり悩んだことがあった。

一体自分は「生きている」のか、それとも「生かされている」のか
どちらなのかと、あれこれ考えた。

自力門の代表的なものとも言える禅に取り組んでいた頃は
一つ公案が解けるにつれ、「やったぞ!」というような達成感を感じ
いつの間にか「自分は凄い」「自力門こそ本物」などと感じるようになっていた。

でも今になってわかるのは、結局つきつめて言えば、自力も他力も
同じことだったのだ。

>> ReadMore
| ダイレクトパス・非二元 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。